インフラエンジニアに必要なスキル

≪インフラエンジニアとはどういったものか≫

インフラエンジニアとはどういったものか

インフラエンジニアというワードを耳にしますが、それはどういった職業なのでしょうか。
一般的に電気、ガス、水道、交通など、生活の基盤となるものをインフラと呼びますが、こちらにおいてはIT業界のネットワークを意味します。
IT業界においてネットワークによるデータのやり取りは仕事の基盤となるため、インフラと呼んでいるのです。
そのため、インフラエンジニアとはIT業界において欠かすことの出来ない、ネットワークのスペシャリストと言えるでしょう。
プラットフォームの設計以外に、ハードウェアのセットアップ、OSのインストール、ユーザー環境の設計などの仕事があります。
近年のIT業界ではクラウド化が進んでいることから、その仕事内容は常に変化をしていますが、インフラエンジニアは不景気になったとしても需要のある職業と言えるでしょう。
しかし、IT業界と言っても企業によって求められるスキルが異なりますので、ニーズに応える必要があります。

≪どういったスキルが求められているか≫

どういったスキルが求められているか

場面によってインフラエンジニアに求められるスキルは異なりますが、具体的にどういったスキルが必要なのでしょうか。
何よりも大切なことは業務内容にマッチした設計をするスキルです。
特にプロジェクトの規模が大きくなることで、関わる人の数も増えます。
そのため、プロジェクトにマッチした設計をして、誰にも理解出来る設計書を造る必要があるのです。
また、IT関連の新しい技術は海外から入ることが多いため、言語力も必要でしょう。
言語力が無ければ新しいスキルを身につけることが出来ません。
近年はグローバル化が進んでいることから、特に共通言語である英語は欠かせないのです。
さらに、IT業界では専門的な用語が登場しますので、それに合わせた言語力を身につける必要があるでしょう。
そのため、今後インフラエンジニアとして活躍するには言語力が欠かせないと言えます。

コラム一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です