インフラエンジニアの仕事内容

≪IT業界のネットワーク整備≫

IT業界のネットワーク整備

本来のインフラという言葉の意味は電気、ガス、水道など生活に欠かせない物資のルートを意味しますが、IT業界においてのインフラとはデータのネットワークを意味しています。
そのため、インフラエンジニアの仕事内容とはネットワークの構築や設計です。
IT業界とはインターネットを通じて膨大な情報の送受信を行っているため、ネットワークの管理が欠かせません。
さらに、複数のパソコン同士を結ぶネットワークも必要ですので、そういった環境の構築や設計も行っています。
インフラエンジニアの仕事内容はネットワークの構築や設計ですが、その維持や管理も大切な仕事内容です。
トラブルの少ないネットワークが欠かせませんが、そのためには精度の高い環境を構築する必要があります。
そのため、インフラエンジニアの仕事内容において大切なことは、最初の設計の段階と言えるでしょう。
優秀はインフラエンジニアとは、どういったトラブルが起こるのか予測をするスキルを持っています。

≪トラブルが起こったら迅速に対応する≫

トラブルが起こったら迅速に対応する

どれだけ優秀なインフラエンジニアだったとしても、一切トラブルの起こらないネットワークを設計することは出来ません。
そのため、インフラエンジニアは起こってしまったトラブルへの対応力が必要なのです。
ネットワークのトラブルが起こってから対処方法を探しても良いのですが、IT業界とは非常にスピーディーであることから、それでは間に合わないこともあるのです。
ネットワークがストップすることで、業種によっては膨大な損失を出すこともあります。
そのため、トラブルの対処方法を予習することも仕事内容のひとつなのです。
構築したネットワークが問題無く稼働していれば、インフラエンジニアはそれを維持しなければなりません。
そこで、トラブルに対して備えておかなければならないのです。
そのため、トラブルへの対応スキルはネットワークの構築と並んで欠かせません。

コラム一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です