エンジニアが持っていると得するシステムアーキテクトとは

《システムアーキテクトとは》

インターネットの普及に伴い、企業では業務のIT化が進んでいるのではないでしょうか。
業務効率を考えると、システム開発は欠かすことができません。
優秀なエンジニアを派遣することによって、業務を円滑に進めることができるでしょう。
エンジニアのキャリアの一つにシステムアーキテクトがありますが、今一つ実像を掴みにくい業種ではないでしょうか。
システムアーキテクトの定義は、システムのアーキテクチャーに責任を持つエンジアのことですが、アーキテクチャーとはどのようなものか、わからない人も多いです。
実際にシステムアーキテクトの定義は難しいです。
システムアーキテクトは、システム開発において分析や設計などの上流工程に携わる人のことを言います。
プログラマーやシステムエンジニアの上級職として、システムの設計や構築を行う仕事です。

システムアーキテクトとは

≪システムアーキテクトの魅力≫

システムアーキテクトになるためには、プログラマーからシステムエンジニア、そしてさらに、上級職へとキャリアアップしていく方法が一般的です。
また、システムアーキテクト資格という国家資格を取得しているエンジニアは、実務をこなす上でも大きなプラスとなり、職場でも頼りになる存在となるでしょう。
システムアーキテクトは、分析や情報システムの設計を的確に主導する立場です。
そのため、各種業務や情報技術に関する高度な知識が必要になり、システムアーキテクト資格を取得するための国家試験も、難易度が非常に高くなっています。
例えば、システムアーキテクト資格の合格率は、平成28年度では13.9%と発表されているほどです。
システムアーキテクトの魅力として、言語、ネットワーク、データベース、セキュリティなど様々な知識と、開発に対する業種、業務の知識があります。
また、他の技術者や顧客と一緒に分析、仕様の策定、設計を行うため、コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力なども必要となり、システムアーキテクトの仕事内容は多岐にわたります。

システムアーキテクトの魅力

コラム一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です