エンジニアとは似て非なる「プログラマー」の役割と業務

《エンジニアにはこれだけの種類がある》

IT業界にはエンジニアと呼ばれる職種が数多く存在しますが、それぞれ仕事内容が異なります。
もちろん、職種によって求められるスキルも年収も異なります。
IT業界において最も知られた職種はシステムエンジニアでしょう。
この職種はSEと呼ばれており、仕事内容はコンピューターシステム開発の設計からテストまでを一貫で進めるものです。
そして、顧客のニーズを読み取って設計書を作成し、プログラマーなどに伝えなければなりません。
そのため、コミュニケーションスキルが求められます。
さらに、設計書作成のスキルも必要でしょう。年収は300万円から700万円とされています。
また、エンジニアが経験を積むとプロジェクトマネージャーに任命されます。
プロジェクトを進めるには予算や人員の管理が必要ですが、プロジェクトマネージャーはそれらのマネージメントも行わなければなりません。
さらに、多くのエンジニアを抱えるポジションであることから、リーダーシップなどのスキルも必要です。
プロジェクトマネージャーの年収は500万円から1000万円となっています。

エンジニアにはこれだけの種類がある

≪そのほかのエンジニアについて≫

IT業界にはネットワークエンジニアと呼ばれる職種も存在します。
この業界はコンピューターネットワークが欠かせませんが、その設計や運用、保守などが主な仕事内容です。
そのため、ネットワークの管理に関するスキルが求められます。
SEの一種であることから、SEとして入社した後に配属されるケースは珍しくありません。年収は400万円から800万円とされています。
IT業界では多くのデータベースを扱いますが、それを管理、運用することがデータベースエンジニアの仕事内容です。
こちらもSEの一種であることから、SEが配属されることがあります。
運用方法の設計まで行いますので専門的な知識が必要です。年収は300万円から700万円とされています。

それぞれに必要なスキルの違い

コラム一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です