細分化が進むITエンジニアの職種とスキル

《IT業界の職種による業務の違い》

IT業界にはエンジニアとプログラマーとよばれる職種が存在しますが、それぞれ違いがあります。
そのため、IT業界を知るにはこれらの違いと役割を知っておくべきでしょう。
これらは大きく役割が異なっており、建築業界に例えるのであればエンジニアは建築士で、プログラマーは大工といえます。
そのため、IT業界ではエンジニアがシステムの設計を行い、プログラマーはその設計に従ってプログラムを書くことが業務になります。
エンジニアは設計書の作成を行いますが、そのためにはクライアントからのヒアリングが欠かせません。
クライアントがどういったものを求めているのか知る必要がありますし、クライアントに対してプレゼンをするシチュエーションもあります。
クライアントの意向をプログラマーに伝える役割も果たさなければなりません。
そのため、エンジニア業務にはコミュニケーションスキルが必須といえるでしょう。

IT業界の職種による業務の違い

≪それぞれに必要なスキルの違い≫

エンジニアはクライアントとコミュニケーションを取ることも業務のひとつで、その内容を形に仕上げるのがプログラマーの役割です。
プログラマーはコミュニケーションスキルだけが求められる業務というイメージがありますが、そのようなことはありません。
IT業界のプロジェクトは1人で進めるものでは無く、複数のプロジェクトメンバーで業務をこなす必要があります。
そのため、プログラマーはプロジェクトメンバー間でのコミュニケーションスキルが求められます。
また、エンジニアにはシステムを構築するうえで基本的なプログラミングの知識も必要です。
プログラマーはエンジニアがクライアントから聞き取った意向を汲み取り、仕事を引き継ぐ形でプログラミングを進めていきます。
エンジニアとプログラマーの仕事内容には明確な違いがありますが、お互いのことを知る必要があるのです。

それぞれに必要なスキルの違い

コラム一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です