エンジニアの中で人気の高いプログラミング言語

《支持の高いプログラミング人気言語》

支持の高いプログラミング人気言語

エンジニアとして求人を探したり、プログラミング言語を覚えたりする場合、どの言語が良いか悩んでしまう方は多いでしょう。実際、エンジニアの使うプログラミング言語は200種類以上あるといわれています。
どうせ学ぶのなら優秀なエンジニアとして人気が高く、就職に役に立つものが良いと考えるはず。そして、世界的に人材ニーズの高い優秀なエンジニアやプログラマーを目指すならば、海外から見ても需要の高い人気言語を習得しておきたいものです。
動的プログラミング言語は学びやすく面白いため、初心者にもおすすめできる人気言語です。具体的な言語は、JavaScriptやRuby、Python、PHPなど。コードを多用することがなく、ゼロからアプリケーションを構築可能。難しいルールに従う必要がないのため、習得しやすい長所があります。
これに対して静的型付き言語は、チェック機能が優秀で充実しているため、エラーが出てもすぐに気づけます。プログラム構築において、エラーが起こりづらいというのは大きなメリットでしょう。ただしプロトタイプの作成ができることから、使用するコードは多岐にわたるため注意が必要です。Java、C、Objective-C、C++、C#、SQLなどが代表的ですが、全ての言語に同じ需要があります。

≪優秀な人気言語は≫

優秀な人気言語は

使用するプログラミング言語によって、エンジニアは高い給与を得ることができます。例えばSwiftは人気が高いものとして知られており、給与も高い言語の1つです。次にJavaやRuby、 Python、そしてC++やCも、Swiftに次いで高い給与を得られるでしょう。ただしJavaScript、C#、SQLおよびPHPは、Swiftと比べると給与が低くなっています。
求人数が多いのはC、SQL、JavaおよびJavaScriptを使うもの。そしてこれらには及びませんが、C#、C++、Pythonもある程度の求人数があります。もちろん給与の高さや求人数の多さだけで、プログラミング言語の習得を決めるのは難しいでしょう。しかし参考にはなるはずです。
どの言語にも長所と短所があります。何もかも素晴らしく、欠点のない優秀な人気言語はありません。自分の目的や将来像を念頭において、もっとも適した言語を選びましょう。

コラム一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です