エンジニアの派遣で人件費を大幅にコスト削減

≪コスト削減をするなら派遣エンジニア≫

コスト削減をするなら派遣エンジニア

正社員のエンジニアを自社で抱えている企業のなかには、コスト削減やニーズの変化に悩まされているケースも少なくありません。
IT技術は目まぐるしいスピードで進化しているため、日々新しいプログラミング技術も登場しています。
現在雇用している正社員の勉強量が十分でないと、IT技術の進化の恩恵を十分に受けられず、高いコストだけを払い続けてしまう可能性もあるのです。
優秀な人物を上手に使い、企業のIT化を促進したい場合、正社員よりも派遣エンジニアを活用した方がいいでしょう。
派遣エンジニアの場合、正社員を雇用するのに比較して人件費のコスト削減ができます。
たとえば、派遣会社が厚生年金や雇用保険などの社会保険料を支払うほか、特定の業務がなくなったら契約終了をすればよいので継続的なコストもかかりません。
正社員と違い、業務がなくなったら、流動的に契約を終了できるのが派遣のメリットです。

≪コスト削減かつ高度な技術の恩恵を受けられる≫

優秀なエンジニアをすぐに確保できるメリットは大きい

IT分野においては、正社員と派遣エンジニアの知識的な差は少ないと言われています。
コスト削減になるほか、高い技術力を持つ派遣エンジニアが多いからです。
特定企業の正社員と違い、さまざまな会社のシステムに触れる派遣エンジニアは、幅広い知識を持っていることが珍しくありません。
最新技術を導入している会社で働いていたり、トラブルシューティングに携わった経験が多かったりと、高度な知識が要求されたり困難な局面を乗り越えたりしている可能性が高いです。
また、コスト削減のつもりで派遣をお願いしたエンジニアの技術力が高く長期的に働いてほしいと思うなら、交渉次第では正社員として採用できる点も企業にとってはメリットだと言えます。
IT分野では正社員だから専門知識に優れているとは限りません。
IT技術の恩恵を受けたいなら、コスト削減と高い技術力を持つ派遣エンジニアを呼ぶのも一手ではないでしょうか。

コラム一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です