優秀なエンジニアを採用することが困難になってきている理由

≪エンジニアをないがしろにしてきたツケが≫

エンジニアをないがしろにしてきたツケが

日本というのはエンジニアの評価を低く見ていた部分があり、近年になって重要性がわかり始めてから優秀な人材が見つからずに困っているという企業は少なくありません。
元々、優秀な人材を採用しようという気がなかったことと教育をして一流の人材に育て上げようとしてこなかったがために、優秀な人材を採用しようとしてもどうやって選べば良いのかということがわかっていないという一つの理由があります。
そして、未だにエンジニアに対する評価が低いというのも優秀な人材を集めることを困難にしている理由のひとつであり、重要性が認識されてきたと言ってもそれはまだまだ不十分で、本当に大切さをわかっている企業と大きな差があることは珍しくありません。
そうなると、エンジニアたちは自らの存在を認めてくれる企業に集まりますから、優秀な人材が最初の内に重要性を認めていた企業に取られてしまうということになるのです。
どのような職種であっても優秀な人材を採用するのは簡単なものではありませんが、今までの経緯から優秀なエンジニアを採用するのはより困難なものとなってきています。

≪優秀な人材は評価してくれるところに集まる≫

優秀な人材は評価してくれるところに集まる

日本ではエンジニアに対する評価というのはそれほど高いものではなく、重要性をあまり認識されていませんでした。
そのため、待遇に関してもそれほど良いものではなく企業に対する貢献度から比較すると低く抑えられていた部分があります。
そして、近年になってエンジニアの重要性が認識され始めてからというのは、優秀な人材を採用するのが困難になってしまい多くの企業が活躍してくれるエンジニアの確保に苦労しています。
なぜこのようなことになってしまったかというと、今までエンジニアの価値を正当に評価していなかった企業というのは現在でもその考えが抜け切らない部分があり、実際に採用をしようとした時に低く評価をしてしまいがちです。
そうなると優秀な人達というのは自らの力を認めてくれる場所に集まりますし、いち早くエンジニアの重要性に気づいた企業が一流の人材を囲ってしまった後なのでこれから一流の人材を確保しようとしても簡単には行かないという現状があります。

コラム一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です