様々な職種があるエンジニア

≪採用のミスマッチは職種に対する理解不足が原因≫

採用のミスマッチは職種に対する理解不足が原因

近年、日本社会はIT化が進んでいます。
機械操作のプログラミングからホームページ制作まで、幅広い分野でIT技術が導入されました。
ビジネスのスピードを加速させる便利さがある一方、プログラミングは専門性の高い技術なので誰でも扱えるわけではありません。
そこで、ソフトウェア開発やIT系ではなくても、エンジニアを雇う企業も珍しくなくなりました。
しかし、プログラミングは単一の言語ではないため、会社が求めている技術とエンジニアが習得している言語では、まったく異なることも少なくありません。
エンジニアとひとくちに言っても、職種によって使うプログラミング言語がまるで違うのです。
企業のIT化を促進するために採用活動をしたにもかかわらず、採用した人材の職種と合わずにミスマッチが起きてしまうことは多々あります。
そこで、専門的な知識は持ち合わせていなくても、企業の経営者や採用担当者はエンジニアの職種について理解しておくことが大切です。

≪派遣を活用しよう≫

優秀なエンジニアをすぐに確保できるメリットは大きい

エンジニアの職種は専門的かつ、多岐にわたります。
システム設計をするシステムエンジニア、設計図をもとにプログラミングを書き起こすプログラマー、ネットワークの構築および運用保守を行うネットワークエンジニア、システムへのデータ格納を考えるデータベースエンジニア、Webアプリケーションを運用するWebエンジニアなど、挙げればキリがありません。
また、Webサイトのコーディングを行うWebコーダーや、カスタマーや社内スタッフ向けに操作方法等を教えるヘルプデスクも、広い意味では含まれるかもしれません。
企業担当者の理解が十分でないと、会社に合った専門職を見つけるのは至難の業です。
しかし、職種に対する理解には膨大な時間がかかります。
このような背景があるため、派遣で募集をするケースが多くなりました。
派遣担当者に希望する人物像を伝え、専門性のある人材を派遣してもらうことでミスマッチを防ぐことができるからです。
企業のIT化を促進したいのに、人材探しの方法がわからないという企業様は、ぜひエンジニア派遣を活用してみてください。

コラム一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です