エンジニアの教育について

《エンジニアの教育》

エンジニアの教育
どの企業でもエンジニアが不足しています。
IT業界が拡大するにつれて増加した需要に対してエンジニアは常に不足しているのが現状です。
IT人材白書の調査結果によると、人材の量的不足を87%以上の企業が感じている結果に対して、質的不足は90%の企業が感じているそうです。
海外と比較しても日本の企業はエンジニアが不足しているため、政府はエンジニアを輩出するために2020年には義務教育にプログラミングを組み込むことを発表しました。
プログラミング教育への認識が高まりつつあり、教育がもたらす効果として、創造力や課題に対する解決力、コンピュータ原理への理解などが期待されています。
また、プログラミング教育を行う過程で論理的思考能力が向上したり、集中力や忍耐力が持続できたりという特性もあるそうです。
民間企業でも、エンジニアとして開発する人材、エンジニアとコミュニケーションを円滑に行うために必要なプログラミングを理解している人材を教育する必要があります。

≪教育の時間を確保しよう≫

教育の時間を確保しよう

現在のエンジニアは、未経験者が入社後に企業の教育を受けて技術を習得するパターンが一般的です。
しかし、教育体制が整っている企業は多くありません。
また、エンジニアが不足している企業では教育を行わず、すぐに実務を行うケースが多いです。
このような場合は、業務時間は先輩や上司に聞きながら業務を行い、業務時間外に自発的に知識を得なければならない場合もあります。
本来であれば、基礎からしっかりと学習するべきです。
しかし、タイトなスケジュールでの学習が求められるため、モチベーションが下がるエンジニアも多いでしょう。
エンジニアとして採用しても、すぐに離職してしまい、人材が定着しません。
そのため、エンジニア教育の基盤をしっかりとつくることができる企業以外は、人材不足になってしまうのです。
教育体制の基盤を整えて、人材不足を防ぎましょう。

コラム一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です