エンジニアの価値・優秀なエンジニアとは何か

《エンジニアの価値はスキルだけでは決まらない》

エンジニアの価値はスキルだけでは決まらない
優秀で価値があるエンジニアと言えば、スキルが高い人材だと思っている方もいるでしょう。
しかし、スキルがあるだけでは価値ある人材だと言えません。
スキル以外に大事なことは3つあります。
1つ目は「変化に対応する力」です。
資格を持っている人材を求人募集にかけても、時代が進むにつれてその資格が役立たないことも。
そのため、時代に合わせて仕事ができるか判断することが重要です。
2つ目は「センス」がある人です。
エンジニアは自分でプログラムを組むことも多いため、応用力がないと価値があるエンジニアだと言えないのです。
3つ目は、勉強し続ける人材です。
開発したプログラムは、日々進化します。
仕事をしてでも勉強し続ける人でないと、時代に対応できなくなることも。
エンジニアは、過去の技術だけではやっていけない仕事です。
将来を見据えた仕事をしてこそ価値も上がります。
今後も、コンピュータシステムはスピードを上げて進化するはずです。
分からない分野も出てくると思いますが、それを自分で解決する能力もエンジニアでは必要となります。
ぜひ、求人採用欄にこれらの内容を載せたうえで、人材を募集してみてはどうでしょうか。

≪トライ&エラーはエンジニアの必須条件≫

トライ&エラーはエンジニアの必須条件

トライ&エラーは何度も起こります。
求人を募集するときは、諦めない人を採用するのも重要です。
コンピュータシステムの変化は速いため、100%ついて行くのは難しいでしょう。
そのため、エラーは何度も起こります。
しかし、そこで諦めず果敢に挑戦する人がエンジニアとして価値がある人材なのです。
求人募集時に、その内容を伝えないと価値あるエンジニアを集めるのは難しいでしょう。
たとえ、スキルが未熟だとしても自分で解決しようする力があれば、エンジニアの仕事はできます。
スキルは、仕事をやっていくうちに付いてきます。
無我夢中になって、仕事をしてくれる人か求人採用時に判断して、優秀な人材を採用してみてはどうでしょうか。

コラム一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です