優秀なエンジニアの育成の難しさ

《育成するには能力を把握する》

育成するには能力を把握する
エンジニアでも、多くの人を採用すると人件費も掛かり、優秀な人材となると難しいですが、適度な人数で優秀なエンジニアを企業は求めています。
優秀なエンジニアを育成するためには、それぞれがどれ程の能力や技術があるのかを把握しておくのが大切です。
しかし、エンジニアの能力や技術は書類上や見るだけではわかりません。
また、明確な基準もなければ、定量化するのも難しいのがエンジニアの難しい点でしょう。
営業職などと違い、成績などを設けるのも難しく、自分の能力や技術をアピールする機会も少ないため、気付かないうちに優秀な人材を逃してしまう恐れもあります。
優秀なエンジニアを育成するためには、個人を知るためにコミュニケーションなども大切ですが、能力や技術をアピールする機会を設けることが育成に繋がるでしょう。

≪優秀な人材を育成するために≫

優秀な人材を育成するために

採用されたエンジニアは、最初から企業が求めるような優秀な人材ではないことが多いです。
そのため、採用してから優秀な人材へと育成していく必要があります。
しかし、優秀な人材の育成は簡単ではなく、難しい課題です。
エンジニアにもそれぞれ能力や技術が違ってきますが、一人ひとりに合った仕事を割り当てたり、実績や経験になったりするような仕事に割り当てることも優秀な人材の育成に繋がっていくでしょう。
これまでの経験を活かすことも大切ですが、新しい技術への挑戦心や乗り越える経験も大切です。
また、新たな経験や小さな仕事でも、自分で考え、やり遂げることでエンジニアの自信にも繋がります。
しかし、責任感を伴う仕事を割り当てることは、優秀な人材を育成するために大切なことですが、責任を負わせ過ぎるのも不要なプレッシャーに繋がり、仕事に対しての意識が低くなってしまう恐れもあるので注意しましょう。
そのために新たな仕事へ挑戦する人には、上司などが「責任はとる」などと言葉を掛けてあげると、自信を持って仕事に取り組むことができるはずです。
どのような方法にしても、全てを教えるのではなく、導く形で優秀な人材を育成していくことが大切になります。

コラム一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です