フルスタックエンジニアの魅力について

《フルスタックエンジニアとは》

フルスタックエンジニアとは
IT業界で働く方は数多く存在していますが、その中でフルスタックエンジニアと呼ばれる人がいます。
IT業界にはシステム、サーバー、データベース、ネットワークなど、様々な部門があります。
IT業界ではこれらのプロジェクトを同時に進行しなければなりませんが、それぞれのポジション合わせてスタッフを用意する必要があるのです。
しかし、フルスタックエンジニアとは、これらの仕事をひとりで行うスタッフを指しています。
これだけ多岐に亘った仕事をこなす人材は貴重であることから、常に募集されているのです。
また、IT業界ではベンチャー企業も少なくありませんが、ベンチャー企業には人材、物、資金が不足する傾向にあり、そのため、ベンチャー企業の立ち上げスタッフの多くはフルスタックエンジニアになります。
また、ベンチャー企業の立ち上げスタッフ以外でもフルスタックエンジニアはメリットが多いので、こういった人材を募集しているケースは多いのです。

≪具体的なメリットについて≫

具体的なメリットについて

フルスタックエンジニアとは1人で複数の仕事をこなすスタッフで、IT業界において特に募集されている人材ですが、どういったメリットがあるのかを知らない人が多いでしょう。
スピードが求められる現場では大きいメリットがあります。
複数のスタッフでひとつのプロジェクトを進行していると、どうしても連携や引き継ぎに時間が掛かってしまうものです。
しかし、フルスタックエンジニアであればひとりで進行出来るため、連携などの時間が必要ありません。
さらに、連携ミスも無くなるだけでなく、ひとりのスタッフを雇うだけで済むため、企業側は人件費削減というメリットがあるのです。
これだけメリットがあることから、企業は常にフルスタックエンジニアの募集をしています。
しかし、いくら募集をしても見つからないことも多くある場合、派遣のフルスタックエンジニアを採用する起業も少なくありません。

コラム一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です