エンジニアに最適な性格とは

《エンジニアに最適な性格がある》

エンジニアに最適な性格がある
経営者の多くは、資金調達に悩んでいるのではないでしょうか。
資金調達として、銀行からお金を借りることがあります。
しかし、銀行はどの企業にでも、お金を貸してくれるわけではありません。
銀行は資金使途や返済財源、保全の3つを厳しく確認し、お金を貸しても安全かどうかを判断します。
特に、返済財源は返済する上での原資となり、借りたお金をきっちりと返済できるということを銀行に納得してもらわなければならないため、お金を借りるハードルが少し高くなるでしょう。
その際、返済財源がある企業だと認めてもらうために、資金繰り予定表を作成してみはいかがでしょうか。
資金繰り予定表の信頼性が高ければ、銀行は返済財源がしっかりしている企業だと判断してくれます。
売り上げ明細や仕入明細など、基礎資料も資金繰り表の信頼性を高めるポイントになるため、準備してください。
銀行は、過年度の資金繰り表と比較するため、過去の資金繰り実績に大きな変化がある場合は、説明ができるようにすることも大切です。

≪エンジニアに向いている人を募集しよう≫

エンジニアに向いている人を募集しよう

エンジニアというと、パソコンと向き合ってコードをひたすら書くというイメージがありますが、コミュニケーション能力も必要です。
プロジェクトは企業内にいる複数のエンジニアとチームで進め、利害関係者とコミュニケーションをとらなければなりません。
そのため、社交的な性格が求められます。
また、好きなことに集中できる性格もエンジニアに最適です。
エンジニアは、何でもオールマイティにこなせるよりも、一つのことを深く掘り下げていくタイプの人が向いています。
一つのことに集中しなければならないため、肉体的にも精神的にもタフであることも求められるでしょう。
トラブルが発生し、締め切りに間に合わないことも少なくありません。
寝不足で仕事をする場合もあるため、肉体的にも精神的にもタフである人が向いています。
他には、几帳面、神経質、真面目、慎重、温厚、勇敢など性格も最適です。
このような性格ではないからエンジニアは務まらないというわけではありませんが、向いている性格というものはあります。
エンジニアとして業務をしっかりこなし、結果を出す人材を募集しましょう。

コラム一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です