エンジニアに役立つ英語力

《英語力がある人材を採用しよう》

英語力がある人材を採用しよう
現代では、どの業界も英語力が必要だとされています。
エンジニア職の場合も、英語力が必要です。
エンジニアは最新情報をチェックし、開発や制作に活かします。
そのため、常にトレンドを把握しておくことが重要ですが、トレンド情報は英語で書かれていることが多いため、英語力のある人材を採用すると良いでしょう。
エンジニアに関するトレンドの多くは、海外から日本へ浸透するケースが多く、ネット上ではほとんど英語で書かれています。
英語を公用語とする国のエンジニアは日本と比較して圧倒的に数が多いため、日本で活用できる情報が掲載されているネットでは基本的に英語です。
ネット上からエンジニアの業務やスキルアップに必要な情報を収集できるエンジニアを採用できると企業側は有利になるのではないでしょうか。

≪エンジニアに役立つ英語力とは≫

エンジニアに役立つ英語力とは

エンジニアに役立つ英語力は、リーディング力です。
リスニングやスピーキング力もあると役立ちますが、英語で書かれているマニュアルやドキュメントを読み、必要な情報をエンジニアに必要な技術に活用することが必要になるでしょう。
多くのエンジニア関連企業では採用条件に英語力を入れています。
その理由は、グローバル企業や海外展開を将来的に検討している企業が多いからです。
特に、システムエンジニアの場合は、ある程度の基準に達していない人は応募を受け付けない企業も少なくありません。
今後は、日本国内のみをビジネス対象としている中小企業も含め、英語力を求める働きが活発になっていくのではないでしょうか。
英語力がないからといって業務に支障がでるわけではありませんが、エンジニアとしての技術だけでなく、英語力のある人材を採用しましょう。
採用する際は、TOEICの成績を基準にすると、英語力を判断することができます。
TOEICは、中学校から大学、専門まで一通り学習してきた英語力がわかるからです。
また、TOEICの構成としてリスニングとリーディング力が判断できます。
エンジニアとして必要な英語力があるかどうか、TOEICで見極めてみてください。

コラム一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です