エンジニアに求める思考とは

《エンジニアに求める思考について》

エンジニアに求める思考について
エンジニアを募集している企業もあるでしょう。
エンジニアを募集する前に、エンジニアに求める思考について知っておく必要があります。
エンジニアは、常に難題から解決策を導きださなければなりません。
優れたエンジニアは、規則やモデルに従って、構想をデザインする思考を持っています。
見えない構造をつくることで、各要素がどのように繋がって、どういう状況で機能するのかを判断することができるのです。
このような思考を持っているエンジニアを採用すると物事を構造化して、効率よくプロダクトやデザインをつくることができるでしょう。
エンジニアの業務には、結果を左右するような制約はつきものです。
エンジニアに限らず、ビジネスには予算、時間に制限があり、その中で企画を実行しなければなりません。
エンジニアは元々実用的な性質があり、制約条件からくる重圧は、他の職業より大きいのではないでしょうか。
顧客の要望、予算など、あらゆる制約に対処しつつ、最善の結果を残す必要があります。
制約も要素ごとに対処できる思考が大切です。

≪要素に分けて問題解決する思考≫

要素に分けて問題解決する思考

重要なものと、重要ではないものをしっかりと取捨選択して優先順位を決められる思考も必要です。
技術的な制約問題に直面したとき、優先順位の高い要素から最適解を選択します。
逆算思考もエンジニアに求められる思考の一つです。
目標やゴールを設定してから逆算して始める場合が多いですが、エンジニアも同様に目標やゴールを設定してから逆算していきます。
目標を決める際は、逆算思考から技術を学ぶ思考が必要です。
また、優れたエンジニアは技術が中心ではなく、人間を中心に考えます。
問題を技術で解決しますが、技術ばかり重視するとそのサービスや製品を使用する人の視線で考えることができます。
これらの思想があるすべてのエンジニアが優れているというわけではありませんが、現場で活躍するエンジニアに多いのは、問題を要素に分けて解決する思考です。
エンジニアを募集する際は、これらの思想に注目してみてはいかがでしょうか。

コラム一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です