エンジニアの専門性とは

《エンジニアの専門性とコミュニケーション能力》

エンジニアの専門性とコミュニケーション能力
エンジニアは、専門性を身につけていることが大切です。
エンジニアの募集を検討している企業は、専門的な技術を身につけているエンジニアを採用しましょう。
しかし、専門性だけを身につけているエンジニアは企業で活躍できるかはわかりません。
例えば、プログラム開発とサーバー構築の両方を顧客から依頼された場合、プログラマーやエンジニア営業担当などを集めて、一つのプロジェクトチームをつくります。
担当ごとに求められる専門性は異なり、多くの企業では分業化や専門化が進んでいるでしょう。
進めば進むほど、プロジェクトを完了するにあたって協力してもらうスペシャリストの数が増えます。
そのため、エンジニアが担当する業務を終えるためには、他の人と協力して仕事をしていくスキルやコミュニケーション能力が必要です。
専門性だけではなく、ヒューマンスキルもある人を採用しましょう。

≪専門性の高め方≫

専門性の高め方

エンジニアの専門性を高めるためには、一つの知識や技術を学び、困難な問題を解決することです。
狭い範囲で深く学んで専門性を高めることや、反対に広い範囲を浅く学ぶことで専門性を高めることができます。
多様な要素を組み合わせると、解決できる問題の幅が広がるでしょう。
エンジニアのスキルを高める上で、物事の学び方は非常に大切です。
高い専門性を持っているエンジニアも、応用が利かずに他の方法で解決できることを見逃してしまう恐れがあります。
また、広く浅いエンジニアは、十分な経験と知識が身についておらず、業務の役に立たないということもあるでしょう。
こうした問題は、チームで適度なバランスを取って技術を身につけることが大切です。
エンジニアにおける専門性以外の分野では、他のメンバーに任せましょう。
チームの中でどのようなスキルが求められているのかを把握でき、それを技術でカバーすることができるエンジニアが必要です。
単に専門性を高めたエンジニアではなく、コミュニケーション能力があるエンジニアを採用するとチームのバランスが取れ、企業の役に立つ仕事をしてくれるのではないでしょうか。

コラム一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です