エンジニアの定着率について

《エンジニアの定着率を改善する方法》

エンジニアの定着率を改善する方法
エンジニアの定着率が悪いと悩んでいる企業も多いのではないでしょうか。
ビジネスのIT化が進んでいく中で、エンジニアの存在や価値は益々重要になってきます。
しかし、エンジニアの定着率が悪い企業は、優秀なエンジニアがいても辞めていってしまうでしょう。
エンジニアの定着率を改善するためには、スキル向上とモチベーションアップが重要なポイントになります。
定着率が改善されると、企業力に繋がるのではないでしょうか。
社員の総数を気にする企業が少なくありませんが、退職者数や離職率に注目しなければ、定着率は改善されません。
どの業界にも共通する退職理由ですが、エンジニアに多くみられる退職理由は、自分のスキルに関したものが挙げられます。
多くのエンジニアは、自分を育てようとしていないと思ったときに、離職する傾向があります。
その理由は、エンジニアにとって一番大切にしていることは自分のスキルだからではないでしょうか。
企業が自分のスキルを尊重して大切にしていると感じているのであれば、エンジニアは辞めないでしょう。
声を直接聞くためにマンツーマンの面談や、ランチを一緒にしながらミーティングをするなど、エンジニアと顔を合わせてコミュニケーションを取ることを意識してみてください。

≪エンジニアのモチベーションをアップさせるためには≫

エンジニアのモチベーションをアップさせるためには

相手をわかろう、知ろうとする姿勢を貫く企業は、エンジニアのモチベーションアップに繋がります。
エンジニアの本音を引き出すことがモチベーションアップに繋がり、定着率を改善させるのです。
定着率が改善されると組織の一体感を形成します。
また、エンジニアチームがある企業は、リーダーをエンジニアに務めてもらうと良いでしょう。
開発や技術を理解している人がリーダーになると、エンジニアたちの声が経営陣にしっかりと届くようになります。
マネジメントが苦手な人もいますが、経営陣でサポートをしてください。
エンジニアの仕事に関してわかっている人が、現場のトップに立つことが大切です。
定着率を改善させるために、エンジニアとしっかり向き合ってみてはいかがでしょうか。

コラム一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です