エンジニアに好まれる職場環境

《エンジニアに嫌われる職場環境》

エンジニアに嫌われる職場環境
エンジニアの募集がうまくいかないという企業の方、職場環境に問題があるのかもしれません。
誰しも、できれば働きやすい環境で働きたいものですので、もしかしたら給与設定だけを重視し、敬遠されるような職場環境になってしまっているのかもしれません。
敬遠されがちな職場環境の一つに、社長がエンジニアリングへの理解がないというものがあります。
現場知識の乏しい社長が、実現の難しい案件を気軽にとってきてしまい、尻拭いをしなければならなくなるというケースが起きるためです。
また、営業職が強い会社も嫌がられる傾向にあります。
営業がクライアントからの要望を叶えるために、やりたくないような単調な仕事をしなくてはいけなくなったり、絶対に実現不可能なことをやるように言われたりするというケースが起こりやすくなるからです。

≪平均的な年収と待遇≫

技術者に好かれる職場環境

逆にエンジニアに好かれる職場環境はどのようなものがあるのでしょうか。
エンジニアの募集に力を入れるのであれば、会社全体でそういった環境を作る必要があります。
まず、技術を追求できるという点です。
技術職は他の職業に比べて持っているスキルを相対的に図りやすいです。
そのため技術力を伸ばすことを怠るとどんどんおいていかれることになりますので、中長期的なキャリアのことを考えて、働きながら技術力を伸ばしていけるかどうかということが職場選びに重要となります。
また、勉強時間を取りやすい職場が人気となるようです。
エンジニアはパソコンを使って業務ができることもあり、リモートワークでの労働ができる職場も人気のようです。
また、対人のコミュニケーションよりもパソコンでの作業を行いたいという人が多い傾向がありますので、一人で粛々と仕事を進めることができる環境の職場が人気となっています。
職務上、仕事の都合上納期を定められることが多いため、過酷な労働環境になるケースも少なくありません。
そのため、ワークライフバランスを重視している会社はエンジニアからの人気が高くなります。

コラム一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です