エンジニアの年収について

《エンジニアの給与について》

エンジニアの給与について
システムエンジニアは技術職であり、専門職ですので、一般職に比べると給与はやや高めの水準となっています。
システムエンジニアの募集がうまくいかないという企業の方は、給与の設定がマッチしていないのかもしれませんので、システムエンジニアの給与についてしっかりと把握しておきましょう。
平均月収は40万円前後とされていますが、実際は経験やスキルによって幅がかなりあります。
新卒や、実務経験がない場合、一般職の給与と同じくらいですが、経験を積むごとに高くなっていき、難しいプロジェクトをこなすことができたり、リーダーの経験があったりすると月収が60-80万円にもなる人もいます。
しかしながら、職場によっては納期が近くなると残業が多くなったり、時には徹夜をしたりすることもあります。
残業代などの基本給とは別の給与が発生するかどうかは企業によって異なりますので、給与を時間給で考えるとそこまで高くなくなるというケースもあります。
上記のように、経験や実力が豊富なシステムエンジニアを雇おうとすると、それなりの給与を提示する必要があります。

≪平均的な年収と待遇≫

平均的な年収と待遇

平成28年の給与統計によれば、システムエンジニアの平均年収は592万円となっています。前述の通り、経験と実績によって年収に幅があり、一部の優秀なエンジニアでは20代でも年収が800万円を超えるケースもあります。
システムエンジニアの給与や年収は、他の業種の収入が減っている時期であっても大きな減少が見られない、人手が足りておらず人気の業種となっております。
また、フリーランスのような形態を取り、企業と契約して仕事をしたり、独立したりしている人もいます。
そのような人の中には年収が1000万円を超えている人もいます。
システムエンジニアを募集するのであれば、即戦力がほしいのか、ある程度育成する余裕があるのかということによってもかなり提示する金額が変わってきますので、状況に合わせて給与を設定する必要があるでしょう。

コラム一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です